ダンスゲート

東京舞座コンテンポラリーダンス公演「ゆれる」

2017年06月30日(金) 15:00 - 21:00
芸術に携わる人間は、社会の外れ者・変人扱いされやすい。

誰かが決めた常識とか平均から考えてずれが大きいほど「変」と言われるが、そもそも芸術家というのは既に世間にあるものを真似ることがご法度であり常に新しいアプローチを考えているのだから、「変」なのは当たり前のことだし、もし芸術家の考え方が変じゃなかったら、誰にも注目してもらえないんだから致命的である。



そんな、「常識」や「正解」に着目し、変わり者といわれるダンサーを見世物にしてしまうべく舞台化したのがこのたびの作品です。そして、「一般」「普通」と呼べる方々が、私たち芸術を行う者から見ていかに「変」かを舞踊で説明します。
社会的な内容ではありますが、作者である私が社会のことをよく分かっていないので、難しいことを言うつもりはありません。お子様から大人の方まで、それぞれが何かを受け取って楽しめるように、ご用意しています。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
2017年6月30日(金)
東京舞座コンテンポラリーダンス公演「ゆれる」
三鷹市芸術文化センター星のホール

【開演時間】(開場は開演の30分前)
15:00-、19:30-
上演時間は90分を予定
【入場料(前売/当日同額)】
S席(各回36席限定) 4,000円 A席 2,500円

《主催》東京舞座
《振付/演出》風花(東京舞座座長)・池島優(東京舞座芸術監督)
《出演》糸原聖美・榎本結衣・絵里・大坂絵莉・加賀田フェレナ・加藤美羽・中山菜・山下菜奈・池島優・風花
《特別協力》澁木智宏(アーティスト/テキスタイルデザイナー)
《衣装》佐藤久仁子(SEWING BOX OZ)・井口香織
《美術》芹澤亜由美


【イントロダクション】
世間から隔離されたとある施設。そこで過ごすのは10人の”患者”たち。白い男の手によって与えられるのは「安心」か、それとも「無」か・・・孤独を選んだ者だけが悪夢のような現実から逃げ出すことが出来る。これは他人事ではなく、あなたがたのこと。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

チケットおよび公演に関するお問合せ
tokyobuza@gmail.com

チケットご予約方法
①お名前
②観覧希望の時間・席種・枚数
(15時のS席2枚、19時半のA席1枚 など)
③お電話番号
をご記入の上メール送信してください。
東京舞座からの返信をもって、ご予約完了となります。
また、出演者からも直接チケットをお求めいただけます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■若手バレエレッスン生のためのコンテンポラリーダンス講習会企画
http://tokyobuza.tumblr.com/post/159033229399/
■コンテンポラリーダンス上級ワークショップ毎月開催中
http://tokyobuza.tumblr.com/post/158814957437/

当日会場にて配布するプログラムパンフレットに広告掲載枠を設けております。
商品やサービスなどの宣伝にご利用ください。
詳しくはこちらをご覧ください。
http://tokyobuza.tumblr.com/post/158893782634/
イベント東京都のコンテンポラリーダンスパフォーマンス・ショー
イベント名東京舞座コンテンポラリーダンス公演「ゆれる」
開催日時2017年06月30日(金) 15:00 - 21:00このイベントは終了しています。
価格2500円
開催場所三鷹市芸術文化センター星のホール  Google Map
開催場所東京都東京都三鷹市上連雀6-12-14星のホール
最寄駅三鷹駅
WEB WEB

無料でイベントを掲載

ダンスゲートにイベント情報を掲載いたしませんか?
ダンスゲートはダンスに関わる人のアクセスがたくさんあるダンスポータルサイトです。

イベントを告知 (無料)

サイトを登録 (無料)

近日開催の東京都のコンテンポラリーダンスイベント

2017/08/24(木) 19:30-21:00 価格:5000円 コンテンポラリーダンス 東京都
会場:カラス アパラタス
「月に吠える」 萩原朔太郎の詩が 私に近づいて、お前はどんな目つきでどんな動作で 世界に何を言う犬なのだと問う。静かに騒々しく 不安に身震いする冷たい月が突き刺さった胸に空いた穴から腕。萩原朔太郎は詩集序文に、「月に吠える犬は、自分の影に怪しみ恐れて吠えるのである。私は私自身の陰鬱な影を、月夜の地上に釘づけにしてしま..