2019年03月30日(土) 18:00 - 20:00
東京都のバレエイベント

車椅子のダンサーを含め、多様な身体性を活かして新しいダンスの領域を拓くインテグレイテッド・ダンス・カンパニー響-Kyoの第6回公演を開催致します。オリンピック、パラリンピックの文化事業が盛んに喧伝される中、響-Kyoは2014年設立以来、着実に芸術性の高い公演で評価を得てきております。
日時:
3月30日(土)18時開演(開場は30分前)
3月31日(日)15時開演(開場は30分前))

会場:東京芸術劇場シアターイースト

演目
■Ekkyklemaエクキュクレマ

振付・構成・演出 ATHINA VAHLA
出演:天方真帆、泉葉子、小佐野智美、澁谷智志、鈴木隆司、他

Ekkyklemaとは古代ギリシアの舞台装置で悲劇の登場人物を観客の前に登場させるための車輪つきワゴン。現代の舞台の作品ではEkkyklemaは悲劇的な出来の真相がその惨事の後の状況からあらわになるということのメタファーとして使われる。Ekkyklemaはプライベートな過去の思い出や幻想を公共の場に持ち出し再現するということである。それは、自分の限界や身体の限界を乗り越えようとした結果だともいえよう。

振付家:Athina Vahala
1991年ギリシャ国立振付賞受賞。1994年ボニー・バード振付賞受賞。ギリシアでダンスを学んだ後、英国ロンドン市のラバン・センター(現トリニティ・ラバン・コン
サルヴァトワール大学)にてBAを、ミドルセックス大学にてインターディシプリナリー・アートのMA取得。2001年より、観客や演者が環境想起するようなサイト・sスペシフィック作品の仕事を始める。彼女は特に歴史的要素のある場所や、過去の痕跡が作品制作へと至る事に関心を持つ。創作過程にはヒューマニズムと現代社会への懸念がある。2011年より南アフリカのロードス大学にて名誉研究職に就き、ドラマ学部準講師。2017年よりロンドンに戻り、ダンス・カンパニー等への委託作品制作の他にthe Central Sr Martin's University of Arts, Trinity Laban, the
State School of Dance in Greece、他海外のダンス機関などでダンス指導を行う。

■COLOR FULL
振付・構成・演出/黒須 育海
出演/黒須育海、土方裕美、西村大樹、吉澤慎吾

『COLOR FULL』
ヒトであるための条件を考えてみる。
舞台上で目にする踊り手たちの動きそのものは「形」であり、その動作が幾度となく 舞台上で繰り返されようとも「形」はその舞台限りの、動作の一つである。私たちヒトが求める形はヒトの感情や情景によって生まれる異形である。

振付家:黒須育海
1987年生まれ。高校生の時にストリートダンスを始める。大学卒業後、振付家として活動しながら、肢体不自由領域の特別支援学校で4年間常勤の教員を務める。そこで車椅子を使用する生徒に、創作ダンスの授業を行ってきた。現在はダンサーだけでなく、教育機関に向けてのワークショップも積極的に行なっている。2017年から男性中心のダンス・カンパニー「ブッシュマン 」の主宰者として「イメージの具現化」をテーマに活動している。横浜ダンスコレクションEX2015にてシビウ国際演劇祭賞とTouch Point Art Foundation賞を同時受賞、2017年の同大会で最高賞を受賞。これまでに韓国、ハンガリー、マレーシア、ルーマニアに招聘され、作品を発表してきた。2018年からコンドルズメンバー。

■アフター・トーク
両日とも終演後
北村明子氏(振付家)、他
詳細はウェブページをご参照ください。
※手話通訳が必要な方は1週間前までに問い合せ先へお知らせください。

■スタッフ
照明:三浦 あさ子
音響:牛川 紀政
舞台監督:原口 佳子
制作:ミューズ・カンパニー、瀧本麻璃英
統括:伊地知 裕子

■入場料(全席自由)
一般 前売り 3,500円、当日4,000円
学生・障害者割引 前売り 3,000円、当日3,500円
(当日、学生証、障害者手帳をお持ちください。)
*お一人でお越しになれない障害者の介助の方1名のみ無料
*会場の都合により車イス等をご利用の方はできるだけ2日前までにお申込みください
*学生、障害者等の割引料金はクリエイティブ・アート実行委員会のみで扱います。

チケット発売:
一般申込専用
■チケットぴあ
「WEB」http://w.pia.jp/t/IDC-kyo/
「電話予約」チケットぴあ 0570-02-9999 Pコード:491-567
「店頭販売」セブンイレブン、チケットぴあ
■東京芸術劇場ボックスオフィス
0570-010-296(休館日を除く 10:00~19:00)
http://www.geigeki.jp/t/

■カルテット・オンライン( 手数料、無料)
http://www.quartet-online.net/ticket/integra

■障害のある方、学生申込専用
クリエイティブ・アート実行委員会 http://www.musekk.co.jp
(Webから予約申し込み、郵便振替で送金後、チケット送付。)

会場&アクセス:
東京芸術劇場シアターイースト
〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-8-1 TEL: 03-5391-2111(代)
JR・東京メトロ・東武東上線・西武池袋線 池袋駅西口より徒歩2分。駅地下通路2b出口と直結
* 車椅子でお越しの方は受付で会場椅子席までご案内します。

Integrated Dance Company 響-Kyo
2014年、車椅子を利用するダンサーを交え、多様な身体性を活かして新しい舞踊表現を拓いていくべく設立、社会とアートをつなぐ活動として注目を集める。これまでに招いた振付家は鈴木ユキオ、Adam Benjamin、岩淵多喜子(以上2015年)、Didier Theron、スズキ拓朗(以上2017年)、Thomas Noone、平原慎太郎(以上2018年)に振付をお願いしており、今後も新たな振付家達と新たな作品を生み出していく予定である。海外ツアーとして、2017年9月に英国PlymouthとBristolの二都市で公演、大きな反響を呼ぶ。また、2018年には韓国KIADAフェスティバル招聘公演を行う他、文化庁委託事業「平成30年度文化庁戦略的文化創造推進事業」にて隠岐諸島での公演&ワークショップなども行っている。プロデューサー&クリエイティブ・ディレクター:伊地知裕子

お問合せ:
クリエイティブ・アート実行委員会(事務局:ミューズ・カンパニー)
〒107-0052 東京都港区赤坂6-2-5-201
電話 : 03-6426-5182 Fax:03-6426-5183
Facebook:https://www.facebook.com/artmusekk
伊地知裕子、泉章子、松波春奈



名前インテグレイテッド・ダンス・カンパニー響-Kyo 第6回公演
日時2019年03月30日(土) 18:00 - 20:00
価格3500円
開催場所東京芸術劇場シアターイースト Google Map
住所東京都東京都豊島区西池袋1-8-1
最寄駅池袋駅
ダンスバレエ
WEBWEB


イベント情報を登録しませんか?
イベント登録(無料)